医療費 領収書

■医療費 領収書

topimage2.gif

医療費 領収書

医療機関でもらう領収書は、医科、歯科、調剤薬局で発行される3種類です。

<医療領収書>
医療費 領収書-1

<歯科領収書>
医療費 領収書-2


<調剤領収書>
医療費 領収書-3


領収書の基礎知識

2008年春、医療機関の領収書に関する制度が変わりました。今までの領収書では、「検査」には3,000円、といった表示でその内容まではわかりませんでしたが、新しい形式の領収書は「明細書」と呼ばれ、どの検査を何回受けたかまで詳しく書いてあります。ただ、この明細書は、すべての病院でもらえるわけではありません。また、有料の病院もあります。

<医療機関の領収書の種類>
■領収書
昔は領収書を発行しない医療機関や、かかった医療費の合計金額だけを記載した、簡単なレシートタイプのものしか発行しない医療機関もありましたが、2006年からすべての医療機関と保険薬局に医療費内容のわかる領収書の発行が義務付けられました。これにより、「検査料」「投薬料」といった大まかな項目ごとに分類された領収書が、どの医療機関でも無料でもらえます。

■明細書
2008年4月から一部病院で発行がはじまりました。

戻る