領収書 作成方法

■領収書 作成方法

領収書作成等.com|領収書の作成方法

領収書 作成方法


領収書 作成方法

① いつ(日付)

② 誰が(あて名)

③ 誰に対して(受領権者)

④ いくら(金額)


それによって、例えば「平成○年○月○日、領収書等.comが天野印刷株式会社より金12万円を受領した」ことの記載があれば、それらの事実を証明することができます。

また天野印刷株式会社はその領収書を証拠にする事ができるので、二重払いの危険を防止する事ができます。

尚、領収書の受取人が代理人の場合には、本人の署名(記名)・押印のある委任状などによって、

その受領権限を確かめるようにしなければなりません。権限がなければ無権代理人への支払いという事になっても、本人に支払った事にならないのが原則だからです。

但し書きや内訳欄は必ずしも必要とは言えません。

しかし、何の支払いとして金銭を受領したかを明確にするためには記入した方がよい。


戻る